2011年08月22日

2011キッズネット天理隊の報告

第3回目「障がい児のためのこどもおぢばがえり」キッズネット天理隊は、

8月3〜4日の2日間にわたり、子どもたち27名他、総勢87名でこども

おぢばがえりに参加しました。


スケジュールについては、毎年参加してくれる自閉症スペクトラムの子ども

たちのために、大きな変化ないように組みました。

2.jpg

受付のあと、ウェルカムゲームで緊張をほぐしてから、グループごとに集まって

の顔合わせ。

3.JPG

そのあと、早速バスに乗って神殿に参拝へと向かい、廻廊ひのきしんから

行事参加です。

4.JPG

こども横丁、アチコチランドで遊んだら、炎天下の下で大人はバテバテ‥。

しかし、子どもたちは元気を持てあましているようです。

6.JPG

宿舎に帰ったら、次は教校学園高校の和太鼓部による演奏や、実際に太鼓を

たたいてゲームをするなど、高校生のお兄さんお姉さんたちと楽しいひとときを

過ごしました。

11.JPG

夜はおやさとパレード見学。その後、子どもたちを寝かしつけてから、スタッフ

や保護者の皆さんとの懇親会があり、夜は更けていったのでした。


翌日は、朝のおつとめに続き、神殿前プールで水遊び。最後はピッキーステージで

盛り上がった2日間でした。

14.JPG

3年続けてきて、今後改善すべき点などの意見もたくさんいただきました。

例えば、スケジュールは大きく貼り出してはいるが、やはり子どもには各自に

イラスト入りのスケジュール表を渡してあげる‥とか、お風呂での介助についても

意見が出されました。今後に活かしていきたいと思います。


また来年も、スタッフ一同、子どもたちや親御さんに喜んでいただけるよう

精一杯頑張りますので、ぜひ大勢の皆さんのご参加と、スタッフひのきしんを、

どうぞよろしくお願いします。


追記:参加者の皆さんへ、

DVDの編集がちょっと遅れています。

編集ダビングが済みましたら送ります。少しお待ちください。
posted by 新田 at 12:27| 日記 | 更新情報をチェックする

公開講座の報告

5月25日、天理大学ふるさと会館を会場に公開講座を開催しました。

講師は臨床心理士として、「天理よろず相談所病院・憩の家」の心理相談室に

勤務され、様々な相談に対応されている久保永子先生。

テーマは「親と、子どもへの支援のために ―支援者が心がけること」でした。

子どもへの関わり方や悩みを抱える親御さんへの支援のポイントなど、専門的な

お立場からお話しを聞かせていただきました。


会員向けには会報を発送しましたが、一般の皆様は「みちのとも8月号」をご覧

ください。
posted by 新田 at 12:10| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。